So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

口蹄疫 日本最大級の畜産エリアに飛び火 宮崎県都城市(毎日新聞)

 宮崎県央部で感染拡大が続いていた家畜伝染病・口蹄疫(こうていえき)が、県南西部にある日本最大級の畜産エリアに飛び火した。9日夜、農水省と県が発表した同県都城市での疑い例。同市には約2600戸の牛飼育農家と、190戸を超す養豚農家があり、飼育頭数は45万頭を超える。「皆が気をつけていたのに」「どうなるのか」。悲痛な言葉が相次いだ。

 宮崎県庁で9日午後10時から開かれた会見。押川延夫県農政水産部次長は「まずは1例目をたたき、まん延させないことが先」と語ったが、都城での発生は想定外だったと明かし、うなだれた。

 都城市は県央部から南西に約60キロ。1955年以前から兵庫県の有名ブランド牛「但馬牛」を導入して血統の改良を進め、06年の和牛販売額は110億円。多数の畜産農家を抱える都城への感染拡大は県や地元が恐れる「最悪の事態」だった。

 市によると、今回疑い例が出た農家の半径1キロ以内に、飼育頭数が1万頭を超える大規模養豚農家1軒を含む計7戸の農場がある。市は周辺道路を封鎖し消毒作業を始めた。長峯誠市長は「早め早めに行動したい」と語り、疑いが出た農家の250頭を10日中に殺処分・埋却する方向で準備を進めている。

 牛300頭を飼育する50代の男性は「私だけでなく、農家全員が気を付けてきたのに。今日は症状が出なくても明日は分からない。これからは毎日が感染の恐怖との闘いになる」と頭を抱えた。

 都城市内で牛、豚計7万頭以上を飼育している牧場は従業員を急きょ集め、畜舎の消毒に追われた。男性従業員(56)は「県内で発生して以来、出入りする人や車両などの消毒を徹底していたのに」。肉牛約100頭を飼育する男性(72)は「感染ルートが分からず、非常に恐ろしい。他の農家も同じ状態だと思う」と、見えないウイルスへの恐怖を募らせた。

【関連ニュース
口蹄疫:宮崎県都城市で牛3頭が「疑い」 同市では初
口蹄疫:感染疑い家畜24時間以内に殺処分へ…農相が意向
口蹄疫:次世代主力の種牛7頭避難へ 大分
口蹄疫:運搬車が感染経路か 調査チーム指摘
口蹄疫:ワクチン接種、国が全額補償へ 山田前副農相

荒井氏は問題ない=事務所費問題で首相(時事通信)
はやぶさ後継機仕分け、枝野氏「工夫求めただけ」(読売新聞)
<碧南市のマツ>「樹齢500年」実は200年 伐採で判明(毎日新聞)
「ぽっぽ」退陣、AA文化に貢献?(産経新聞)
プロ野球選手の敗訴確定=肖像使用許諾権訴訟―最高裁(時事通信)

<口蹄疫>対策本部長は引き続き山田氏(毎日新聞)

 宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題で、赤松広隆前農相は4日午後の退任会見で、政府の現地対策本部長について、引き続いて山田正彦前副農相が、後任の決定まで務めると明らかにした。

 また赤松氏は県央部での発生について「抑え切れていない。現地の皆さんに深くおわびしたい」と改めて謝罪した。

 さらに「(宮崎県との)連携が悪かったのか、私が足りなかったのか、きちんと検証する必要がある」と述べたうえで「私の責任は免れ得ない。結果的にこれだけ大きくなった。けじめとして私がやらない方が、新しいリーダーの下でやったほうがいい」と、自らは再任を望まない考えを示した。【佐藤浩】

【関連ニュース
口蹄疫:対策特措法 4日施行
口蹄疫:「なぜ今ごろ?」首相現地入りに批判
口蹄疫:鳩山首相が宮崎入り…農家らと懇談
口蹄疫:宮崎県えびの市で豚の出荷始める 制限解除され
口蹄疫:沖縄・石垣の牛は陰性 検査で判明

<福井新聞社>DVD無断複製で逮捕の記者を懲戒解雇(毎日新聞)
多発性骨髄腫治療薬レブラミドの適正管理手順を了承(医療介護CBニュース)
辻元・国交副大臣、涙ぬぐい「さみしいしつらい」(読売新聞)
<口蹄疫>宮崎県が農家補償に426億円 補正予算案を発表(毎日新聞)
切手360万円分着服 近畿農政職員を免職(産経新聞)

世田谷や杉並などで空き巣 無職の男を逮捕 被害120件500万円か(産経新聞)

 警視庁捜査3課は窃盗未遂などの疑いで、住所不定、無職、田島光男容疑者(45)を逮捕した。

 同課によると、田島容疑者は、防犯センサーやオートロックなど防犯設備のない古いアパートばかりを狙っており、昨年2月以降に東京都杉並区や世田谷区、川崎市で起きた同様の約120件の空き巣との関連を調べている。田島容疑者は自転車で移動して空き巣を繰り返していたといい、約40件の犯行については認めている。

 逮捕容疑は3月19日午後、杉並区内のアパート1階の派遣社員の男性(41)方と隣室の会社事務員の女性(38)方の窓から侵入し、金を盗もうとしたとしている。

【関連記事】
被害者宅の押し入れに6日連続張り込み…執念の窃盗犯逮捕
高齢者宅狙った空き巣容疑の男追送検 「暗証番号は生年月日多い」
高1ら空き巣容疑の少年3人逮捕 一人は「別に」と反省の弁なし
空き巣100件か 中国籍の男女3人を逮捕
居酒屋ねらって空き巣 男を逮捕

北教組違法献金、小林陣営幹部が罪状認める(読売新聞)
高速道路無料化を維持=暫定税率廃止は削除―民主公約(時事通信)
<雑記帳>段ボールで名古屋城 愛知工大生ら、千枚分使って(毎日新聞)
「1億円金塊」を返還=ふるさと創生活用、兵庫・淡路市(時事通信)
<電動立ち乗り二輪車>「セグウェイ」で東京湾岸を散歩(毎日新聞)

<事業仕分け>理化学研究所など対象に実施 第2弾2日目(毎日新聞)

 政府の行政刷新会議による「事業仕分け第2弾」(前半)は2日目の26日、理化学研究所など研究開発系を中心に14独立行政法人45事業の仕分け作業が行われる。昨秋の第1弾で科学技術予算の廃止・縮減判定が批判された経緯があり、枝野幸男行政刷新担当相は「科学技術振興の理念は共有している」として、研究分野や管理部門の重複がないかなど事業の効率性に焦点を当てる方針を示している。

 26日午前は理研の「先端的融合研究の推進」業務や、水産大学校の「水産に関する学理・技術の教授及び研究」などの仕分け作業が行われた。午後はファミリー企業との随意契約が多いとの指摘を受けている都市再生機構などが予定されている。【影山哲也】

【関連ニュース
事業仕分け:「廃止」事業、国主導で存続も
事業仕分け:5社がネット中継 カード番号など要求に批判
事業仕分け:JICA大幅縮減 4法人8事業「廃止」
事業仕分け:第2弾傍聴に700人 「マンネリ」批判も
事業仕分け:蓮舫議員「もともと節約できたのでは」

<国民新党>参院選東京選挙区に新人(毎日新聞)
殺人の少年に懲役5〜10年=裁判員「被告の将来に迷った」−さいたま(時事通信)
東海大八王子病院で女性患者死亡(産経新聞)
団鬼六さんが食道がん公表(時事通信)
6月18日施行を閣議決定=改正貸金業法(時事通信)

<党首討論>鳩山首相、普天間移設で混迷ぶり露呈(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は21日の党首討論で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先について「腹案があるのは事実」としながらも内容は明らかにしなかった。前回の党首討論で「腹案」があると語ってから3週間。政府は20日、鹿児島県・徳之島の3町長に平野博文官房長官との会談を打診したが、3町長は会談を拒否するなど既に事態は動き始めている。「5月末決着」の期限が迫る中、ひたすらに「腹案」を隠す首相の姿に、移設問題を巡る政権の混迷ぶりが映し出された。

 「地元よりも、まず米国に理解されるかどうか、水面下でやり取りしないといけない。先方(米国)が理解を示さないなら、(移設先となる)地元に迷惑をかける」

 首相は自民党の谷垣禎一総裁の「そろそろ腹案を明らかにすべきだ」との指摘にこう答え、米国との協議を優先する姿勢を示した。だが、米国は移設先の民意を尊重する意向で、「米国が先か、地元が先か」では、袋小路に入りかねない。

 谷垣氏は「徳之島は案なのか、案ではないのか」と再三迫ったが、首相は「ご容赦願いたい」と明確な言及を避けるしかなかった。

 沖縄県では25日、県内移設反対の県民大会が予定されており、移設先決定に向けたハードルは高まる一方だ。首相は「普天間の危険性の除去が一番大事だ。結果としてそれが普天間返還につながるよう、最大限の努力をする」とし、訓練移転などによる危険性の除去にまずは力点を置く考えを示した。移設先が見つからなかった場合に備え、予防線を張ったとみられる。

 一方で、首相は沖縄に駐留する海兵隊が持つ抑止力に関し「役割は大きい。だから沖縄からあまり遠くまで海兵隊を移すことは物理的に適当ではない」と発言。徳之島など沖縄近隣への移設を検討していることも示唆した。

 首相は今回、「愚直」という言葉を多用した。「私は愚かな総理かもしれない。昨年12月に、エイヤッと(現行案の)辺野古に決めていればどんなに楽だったか」と語り、委員会室にどよめきが広がった。さらに「沖縄の皆さんが辺野古の海の埋め立ては困るという思いを伝えてくれたので、あの選挙で勝利させていただいた。辺野古の海を埋め立ててはならないという沖縄県民の意思だった」と述べた。こう着状況を動かすため、誠意を強調する狙いがあったと見られる。

 守勢は「政治とカネ」の問題にも及んだ。22日に判決が出る元秘書の政治資金規正法違反事件について、公明党の山口那津男代表が国会への資料提出を求めたが、首相は「検察が判断して結果を出しただけに、基本的には必要のないものではないか」と拒否。説明を避ける姿勢が批判を受けるのは必至だ。

 討論終了後、谷垣氏は「(普天間移設が)うまくいかないのは人のせいという印象だ」と強く批判。一方、閣僚の一人は「(県外移設に)あえて挑戦している。首相らしさが出ていた」。社民党の福島瑞穂党首も「本当に共感し、沖縄の負担軽減にこの内閣で全力を挙げたい」と持ち上げたが言葉少なだった。【竹島一登】

【関連ニュース
谷垣総裁:「気迫持って迎えたい」党首討論に決意
社説:党首討論 争点をより明確に示せ
党首討論:普天間巡り熱く 首相「必ず成果を上げる」/谷垣総裁「未決着なら退陣を」
谷垣・自民総裁:背水の党首討論「気迫を持って」
国会:党首討論は31日

家族5人刺され、1歳女児死亡…容疑の男逮捕(読売新聞)
スリ未遂、今度は文科省職員…「ほかにも」(読売新聞)
家族刺され2人死亡=3人負傷か、30歳長男逮捕−愛知県警(時事通信)
ネット選挙 民主、解禁へ着々 参院選対策 動画充実で攻勢(産経新聞)
<女性遺体>ふ頭の頭部、諸賀さんと断定 福岡県警(毎日新聞)

直嶋経産相、衆院選マニフェスト修正に含み(産経新聞)

 直嶋正行経済産業相は13日の閣議後会見で、夏の参院選マニフェスト(政権公約)に関して、小沢一郎幹事長が衆院選時のマニフェストから修正すべきではないと発言したことについて、「議論は始まったばかり。財政的な問題もあり、議論の成果として改めることは十分ありうる」と述べ、修正を選択肢として排除すべきではないとの見方を示した。

 参院選のマニフェスト作りをめぐっては、小沢幹事長が衆院選マニフェストの骨格を維持する考えを示しているのに対し、仙谷由人国家戦略担当相は“ばらまき批判”に配慮して消費税率引き上げ明記の検討を表明するなど、与党と政府間で意見が分かれている。

 直嶋経産相は修正に含みを残す一方で、「去年の夏の(衆院)選挙で国民のみなさんに約束したこと。まずはそれを実行する視点で議論を始めるのが分かりやすい」と述べた。

【関連記事】
仙谷国家戦略担当相 「次期衆院選で消費税アップ掲げる」
与謝野氏「当面は今のまま」 参院選出馬を否定
新党ラッシュどうなる既存政党 自民は危機、民主は無警戒
橋下知事が昨夏の各党マニフェスト採点 民主党に「高くつけすぎた」
小泉Jr口撃力に舌巻く亀井氏「人の心理くすぐるのは父親譲りでうまい」

<前長崎市長銃撃>献花台前に冥福祈る…事件から3年(毎日新聞)
京大大学院生らが電気自動車開発 ベンチャー企業設立(産経新聞)
核不拡散で貢献策表明へ=鳩山首相、米国に到着−核安保サミット(時事通信)
人間健康学部の新キャンパス、開校式 関西大(産経新聞)
韓国の日本料理店で密輸鯨肉販売か 米研究チームが遺伝子解析(産経新聞)

大阪市議の弁護士が「橋下新党」に参加へ(産経新聞)

 大阪府の橋下徹知事が代表に就任し、19日に発足する地域政党「大阪維新の会」に、自民党大阪市議団の坂井良和市議(64)=東住吉区=が参加する方針を固めたことが14日分かった。橋下新党への合流が明らかになった大阪市議は坂井氏が初めて。同会派では別の市議も橋下新党に参加する動きをみせている。

 坂井氏は14日夕、自民党市議団の高野伸生幹事長に、大阪維新の会に参加する意向を電話で伝えた。橋下知事が掲げる府市再編構想などについて「維新の会の内部に入り、大阪市議会の考え方を伝えたい」と参加理由を説明したという。

 高野幹事長は「維新の会に参加する議員は当然、自民党市議団を離脱することになる」としている。

 坂井氏は元裁判官の弁護士で、現在4期目。平成18年6月から1年間議長も務めた。自民党市議団は現在32人で市議会の最大会派。

【関連記事】
橋下新党 堺市議らに参加を要請
橋下新党が多数派工作 大阪市議らと会談
知事の仕事ではない 大阪市長が橋下新党批判
「突進していく集団に」“橋下新党”準備会
分裂3度目、自民府議3人離脱 「橋下新党」に含み
外国人地方参政権問題に一石

<強盗>私がやりました…刑務所から自供の手紙(毎日新聞)
交番に硫化水素、39歳男逮捕=以前に近所の苦情申し立て−神奈川県警(時事通信)
殺人未遂 警官2人刺され重軽傷 男は逃走 長崎・佐世保(毎日新聞)
大量不合格の都立高定時制、300人追加募集(読売新聞)
「自民党自身が生まれ変わる」谷垣氏、党職員に異例の訓示(産経新聞)

羽生が先勝=将棋名人戦(時事通信)

 将棋の羽生善治3冠(名人、棋聖、王座)に三浦弘行八段が挑戦する第68期名人戦7番勝負の第1局が、8日から東京都文京区の椿山荘で行われ、9日午後8時57分、102手で後手の羽生が先勝した。持ち時間各9時間のうち、残りは三浦1分、羽生4分。第2局は20、21の両日、岩手県遠野市の「あえりあ遠野」で行われる。 

6歳未満の脳死判定、間隔は「24時間以上」に―厚労省研究班案(医療介護CBニュース)
民主党輿石氏、会延長論に不快感(産経新聞)
江戸の味「亀戸大根」収穫ピーク(産経新聞)
国会延長想定せず=政府・民主が確認(時事通信)
私立中学にも独自助成へ=全国初、高校無償化受け同額−鳥取知事(時事通信)

国交省職員、中学生に「触ったが…」一部否認(読売新聞)

 中学生にわいせつ行為をしたとして、兵庫県警神戸西署は31日、国土交通省中国地方整備局山口河川国道事務所係長・高松英典容疑者(32)(山口県周南市)を兵庫県青少年愛護条例違反容疑で逮捕した。

 「胸は触ったが、性欲のためではない」と一部否認しているという。

 発表によると、高松容疑者は昨年12月25日午後2時頃、兵庫県三木市内の駐車場で、神戸市西区に住む中学2年の女子生徒(14)に対し、18歳未満と知りながら、わいせつな行為をした疑い。

 高松容疑者は昨年10月、携帯電話出会い系サイトで生徒と知り合い、複数回会っていたという。不審に思った生徒の家族が学校に相談し、教諭が2人でいるのを見つけ同署に通報した。

京浜東北線、大宮―大船間の上下線で運転見合わせ(読売新聞)
とっさの救命措置 駅員らに感謝状 千代田区のJR有楽町駅(産経新聞)
<行政刷新会議>茂木議員が18公益法人で役員(毎日新聞)
とっさの救命措置 駅員らに感謝状 千代田区のJR有楽町駅(産経新聞)
「ダイエット中だから…」小沢氏告白(産経新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。