So-net無料ブログ作成

鳥取不審死 殺害当日にあの同居男の車を確認 上田容疑者は姿見せず(産経新聞)

 鳥取の連続不審死で、鳥取市の電器店経営、円山秀樹さん=当時(57)=が殺害された昨年10月6日午前、県警の捜査員が元スナック従業員、上田美由紀容疑者(36)=強盗殺人容疑で逮捕=と同居していた男(46)=窃盗罪などで起訴=の車を鳥取市内で確認していたことが29日、捜査関係者への取材で分かった。この際、上田容疑者の姿は確認できないままだったという。

 男は上田容疑者に指示され、遺体発見現場から離れた別の場所で待機しており、県警が確認したのはこのときだったとみられる。県警は早くから上田容疑者を不審人物としてマークしていたが、殺害当日の行動や所在を確認していれば、事件を防げた可能性もある。

 捜査関係者によると、当時、県警は昨年4月に同県北栄町沖の日本海で水死したトラック運転手、矢部和実さん=当時(47)=の死亡状況に不審な点があるとして、矢部さんに100万円以上の借金をしていた上田容疑者の周辺を捜査していた。

 県警は、上田容疑者が移動の際に、同居していた男の運転する車を使っていることを把握。円山さんが殺害されたとされる昨年10月6日午前にも鳥取市内の店舗駐車場で、この車を確認したという。運転席には男がいたが、上田容疑者の姿はなかった。

 県警は、この日、男の車を追跡しただけで、上田容疑者の所在や足取りは結局つかめなかった。円山さんは県警が上田容疑者を見失っていた間に殺害された可能性が高く、県警内でも「捜査ミスではないか」と批判の声が上がったという。

 一方、上田容疑者は昨年7月ごろから自宅周辺の知人らに「警察に尾行されている」と打ち明けており、捜査の動きを察知していたとみられる。

 円山さん殺害事件後の昨年10月27日には、上田容疑者と同じアパートの無職、田口和美さん=当時(58)=が変死しているのが見つかっている。遺体からは円山さんや矢部さんと同じ睡眠導入剤の成分が検出されており、上田容疑者はこの変死にも関与した疑いが持たれている。

【関連記事】
鳥取不審死 殺害当日にあの同居男の車を確認
鳥取サギ女の“超テキトー”金銭感覚、知人男性6人怪死
プレイ?不審死男性ロープで縛り…鳥取サギ女「死ね」
鳥取サギ女の異様な私生活“ゴミ屋敷”に子供5人と同居
鳥取不審死の中に読売記者も 「子連れ女につかまった」 

海賊巧妙化 厳戒アデン湾 海自派遣部隊、活動公開(産経新聞)
新型にも早く効く シオノギが抗インフル新薬(J-CASTニュース)
<漁船沈没>引き揚げ調査始まる 長崎・五島列島沖(毎日新聞)
消えゆく戦後…旧海軍整備工場が70年の歴史に幕(産経新聞)
可視化研究会、5日から=捜査手法の向上も議論−警察庁(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。