So-net無料ブログ作成
検索選択

口蹄疫 日本最大級の畜産エリアに飛び火 宮崎県都城市(毎日新聞)

 宮崎県央部で感染拡大が続いていた家畜伝染病・口蹄疫(こうていえき)が、県南西部にある日本最大級の畜産エリアに飛び火した。9日夜、農水省と県が発表した同県都城市での疑い例。同市には約2600戸の牛飼育農家と、190戸を超す養豚農家があり、飼育頭数は45万頭を超える。「皆が気をつけていたのに」「どうなるのか」。悲痛な言葉が相次いだ。

 宮崎県庁で9日午後10時から開かれた会見。押川延夫県農政水産部次長は「まずは1例目をたたき、まん延させないことが先」と語ったが、都城での発生は想定外だったと明かし、うなだれた。

 都城市は県央部から南西に約60キロ。1955年以前から兵庫県の有名ブランド牛「但馬牛」を導入して血統の改良を進め、06年の和牛販売額は110億円。多数の畜産農家を抱える都城への感染拡大は県や地元が恐れる「最悪の事態」だった。

 市によると、今回疑い例が出た農家の半径1キロ以内に、飼育頭数が1万頭を超える大規模養豚農家1軒を含む計7戸の農場がある。市は周辺道路を封鎖し消毒作業を始めた。長峯誠市長は「早め早めに行動したい」と語り、疑いが出た農家の250頭を10日中に殺処分・埋却する方向で準備を進めている。

 牛300頭を飼育する50代の男性は「私だけでなく、農家全員が気を付けてきたのに。今日は症状が出なくても明日は分からない。これからは毎日が感染の恐怖との闘いになる」と頭を抱えた。

 都城市内で牛、豚計7万頭以上を飼育している牧場は従業員を急きょ集め、畜舎の消毒に追われた。男性従業員(56)は「県内で発生して以来、出入りする人や車両などの消毒を徹底していたのに」。肉牛約100頭を飼育する男性(72)は「感染ルートが分からず、非常に恐ろしい。他の農家も同じ状態だと思う」と、見えないウイルスへの恐怖を募らせた。

【関連ニュース
口蹄疫:宮崎県都城市で牛3頭が「疑い」 同市では初
口蹄疫:感染疑い家畜24時間以内に殺処分へ…農相が意向
口蹄疫:次世代主力の種牛7頭避難へ 大分
口蹄疫:運搬車が感染経路か 調査チーム指摘
口蹄疫:ワクチン接種、国が全額補償へ 山田前副農相

荒井氏は問題ない=事務所費問題で首相(時事通信)
はやぶさ後継機仕分け、枝野氏「工夫求めただけ」(読売新聞)
<碧南市のマツ>「樹齢500年」実は200年 伐採で判明(毎日新聞)
「ぽっぽ」退陣、AA文化に貢献?(産経新聞)
プロ野球選手の敗訴確定=肖像使用許諾権訴訟―最高裁(時事通信)

<口蹄疫>対策本部長は引き続き山田氏(毎日新聞)

 宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題で、赤松広隆前農相は4日午後の退任会見で、政府の現地対策本部長について、引き続いて山田正彦前副農相が、後任の決定まで務めると明らかにした。

 また赤松氏は県央部での発生について「抑え切れていない。現地の皆さんに深くおわびしたい」と改めて謝罪した。

 さらに「(宮崎県との)連携が悪かったのか、私が足りなかったのか、きちんと検証する必要がある」と述べたうえで「私の責任は免れ得ない。結果的にこれだけ大きくなった。けじめとして私がやらない方が、新しいリーダーの下でやったほうがいい」と、自らは再任を望まない考えを示した。【佐藤浩】

【関連ニュース
口蹄疫:対策特措法 4日施行
口蹄疫:「なぜ今ごろ?」首相現地入りに批判
口蹄疫:鳩山首相が宮崎入り…農家らと懇談
口蹄疫:宮崎県えびの市で豚の出荷始める 制限解除され
口蹄疫:沖縄・石垣の牛は陰性 検査で判明

<福井新聞社>DVD無断複製で逮捕の記者を懲戒解雇(毎日新聞)
多発性骨髄腫治療薬レブラミドの適正管理手順を了承(医療介護CBニュース)
辻元・国交副大臣、涙ぬぐい「さみしいしつらい」(読売新聞)
<口蹄疫>宮崎県が農家補償に426億円 補正予算案を発表(毎日新聞)
切手360万円分着服 近畿農政職員を免職(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。